漫画で使われる技の名前

ある友達が漫画を読んでこんなことを言っていました。
「何で漫画の技って日本語表記の横のルビは英語なの?」確かに、大々的に日本語名で技を決めておいて、読み方は別だというものが多くあります。
その子はこれがどうも気に入らないらしく、日本語の方がずっとかかっこいいのに、無理矢理英語を使う必要はないと意見していました。
私は、その物語にもよりけりだと思います。
ファンタジーの世界や海外が舞台ならありだと思っています。
でも、ただ英語で書いたりカタカナだけの表記だと読んでいる人にその技の意味が伝わらなかったりすので、一応は日本語での表記も付けようということではないでしょうか。

一方で、純和風的な漫画では私も友達の意見と同じで、英語にする必要はないと思います。
英語=かっこいいというイメージがあるのは確かですが、世界観を保つために不必要であれば日本語のままでもかっこいいものがたくさんあるでしょう。
ナルトなんかは忍者の里で日本のイメージですから、技も日本語の「螺旋丸」とか「千鳥」になっているのでしょう。
これはこれで別にダサいとは思いません。

あえて古風な名前を今つけると日本人にも受けがいいんじゃないかなと思いました。

アメリカで不動産会社を設立

私の友人は昔からアメリカに住みたいと何度も言っていました。

アメリカで生活するにはグリーンカードを取得しないといけないと何度も抽選にも応募していました。
もちろんなかなか当たるものではありません。
その後、しばらく彼とは連絡が取れなくなっていたのですが、ある日突然私の元へアメリカからハガキが届きました。
そうです、その彼からのハガキです。

アメリカで会社設立に関わり、現在不動産業でかなり忙しいという内容の連絡でした。

仕事を見つける必要はなくても、自分でアメリカで会社設立を行えば、グリーンカードもすぐに手に入ったと教えてくれました。

私は大変びっくりしてすぐにハガキに書いてあった連絡先へ電話をしました。

彼は、友人と一緒にアメリカで会社設立の準備を行い、現在現地のアメリカ人や日本人にとても頼りにされているという話をしてくれました。
私は彼が昔からの夢であるアメリカでの生活を実現できたことにとても嬉しく思いました。そして、数年後、またハガキが届きました。

アメリカで会社設立をしたその彼からです。
彼はアメリカの地で日本人の女性に出会い、結婚式を行うという連絡をくれました。
彼が夢を追いかけてどんどんいい方向に向かっていることに私は大変嬉しく思いました。

アメリカで会社設立することは、日本で行うよりも数十倍大変なことが多いと思います。
それにもかかわらず、夢を実現してしまう彼の思いの強さに私も自分の人生をしっかりと見直して、前を向いて歩いていこうと思うのでした。

友人がマイホームを購入したらしいです

先日友人と喫茶店で会いました。
その時に聞いたのですが、友人はマイホームを購入したらしいです。正確にはマイホームが先日完成したということです。

house_reform

そういえば他の知り合いもマイホームを持つようになり、アパート暮らしの知り合いが少しずつ減ってきています。
私としては「マイホームはそんなに持ちたいものだろうか」と思いますね。

お金はかかるし、私としてはローンを組んでマイホームを持つよりは子どもの養育費にお金を使いたいです。
だけどそれは私の価値観です。

友人にとってはマイホームを持つことが大事なのだから、素直に祝福しておきました。

今度遊びに来てよと誘われたので、お菓子でも持って訪ねようと思います。

どんな家なのか聞いてみたのですが、来てみてからのお楽しみということで内緒にされました。
だけどイメージ通りの家らしいので、期待することにします。

新築の一戸建て住宅建てる際に土地から選ぶ場合の注意点とは?

新築一戸建て住宅を建てるなら、まとまった土地が安い場所がいいという条件は、当然上位に来ますよね。

一戸建て住宅建設で、土地から選んでいく場合は想定できます。
不動産で広いのに安い土地に出会うことがありますが、これは何を意味しているんでしょう。
メリットもあるしデメリットもあるのでしょう。

広い土地を求めている場合、安い値が付いている場合、駅から遠いことが多いです。

いきなりデメリットが出てしまいましたが、駅から遠いイコール必ずしも不便ということもありません。
まず森林や田畑の多い自然環境が魅力的に映ります。

これは駅に近い場所ではなかなか得られないことです。
大規模公園は駅に近い繁華街にもあるし、田園地帯に造られていることもあります。
駅から遠い土地で安い土地だといっても、、比較的近くに大規模公園があったらかなり魅力は向上します。

駅から遠い、自然環境がゆたかであることは交通量が少なかったり、騒音が少ないというメリットもあると思います。
それが家を建てる最優先の条件とするなら、駅から遠くて良いではありませんか。

土地が安い場合には、商店が少ないことはありがちです。
大きな商店は中心街や国道沿いにまとまっていることが多くなります。

郊外でも大規模店が近いこともありますが、利用できるお店の数は少なくなる傾向にあります。
広い土地なのに安いということは、近くに地価を下げる何らかの要素があることを考えられます。

有害物質、悪臭、騒音の源になるものが、近くにあるのかもしれません。
もしそれがあっても受け入れられるかどうかは本人次第でしょう。

何しろ安くてまとまった土地というと、なかなか見つからないものです。

市街地で駅に近い環境でも、狭い土地なら安く買えるということはあります。

その場合は狭い土地でも、駅に近くて市街地内であるという条件で選ばれることが多くなります。
一戸建て住宅を建てるときは、狭い土地なら二階建て以上、予算があるなら三階建てを考えてみたほうが宜しいでしょう。

テコ入れは好きじゃない

長期連載していてとても人気がある漫画は、アニメ化されるとアニメが原作に追い付いてしまう現象があります。
だからテコ入れをしてアニメ放送が切れないようにしているようですが、キツイと最近では1期、2期とわけて一旦終わらせるようです。
そして原作が溜まってきたころにまたアニメ再開という感じです。

しかし、凄く人気があって終わるにおわれないアニメ、ありませんか?

例えばワンピースです。これは1期、2期などに分けずにずっとやっていますよね。

その代わりどうしても原作の方が遅くなってしまうので結構オープニング曲で本編に入るのを伸ばしたり、前回からの回想を多く入れることによって時間を稼ぐことがあるように思います。
やっているとたまたまチャンネルがあってそのまま見ていることがあるのですが、私はより濃い内容がスピーディに楽しめる漫画の方がいいなと思いました。

ワンピースの場合は漫画は色がついていないとかなり見にくいのですが、展開を楽しみたいのなら単行本だなと思います。さ
きほど色と言いましたが、普通はアニメの方が好きです。
色あり声あり、動きもありでこちら側に入る情報が漫画と比べるとよっぽど多いですからね。臨場感もあって好きなのです。

family_tv

美味しくて安心できる無農薬のお米や玄米

私はご飯が大好きです。
朝・昼・晩と、出来れば3食ともお米を食べたいと思うタイプなのです。

とはいうものの、どんなお米でも食べられれば良いというわけではありません。
美味しいお米ということは勿論なのですが、それに加えて「安全である」というハードルが私の中には存在します。
どんなに美味しいお米であったとしても、農薬がたくさん付着したものでは健康的な意味合いでの不安感が生じてしまうからです。
ですから、まず美味しく、そして無農薬のお米や玄米であることが、私がお米を買う時、食べる時の必須項目となります。
無農薬のお米や玄米なら、身体にも心にも優しい食事がとれるのですから一石二鳥ですよね。
先日もスーパーでお米を安売りしていたのですが、少し考えてその特売品を買うのを控えました。無農薬のお米や玄米ではないものであったからです。ともすれば考えすぎと

思われるかも知れませんが、やはり自分はもとより、大切な家族には安心できる食べ物をおなか一杯食べてもらいたいのです。
白米も旨みも、玄米のヘルシーさも、すべては安全面をクリアしていなければ真に享受することは出来ません。
皆さんも美味しくて安心のできるお米を食べてくださいね。

たかがお米、されどお米なのです。

Posted in

くしゃみの速度について

昨日の昼、主婦友達と電話で話をしました。

(ーー;)物騒な世の中だねえ~という話です。

小学生の集団登校の列に、車が突っ込んで来るっていうニュースは、最近ではよく聞くニュースの一つになっています。

最近では幼稚園の園児の送り迎えは、親同伴が当たり前になってきているし、こういう世の中じゃ、仕方のないことかもしれませんね。

なんか、そんな話をしていたら、ふと、(>_<)くしゃみをしてしまいました。

そうしたら、電話口の友達に、こう言われました。

「くしゃみって、時速300kmだって知ってた?」と言われました。

最初は、(・。・;へーそうなんだ程度にしか思っていなかったのですが、時速300kmということは、新幹線並みだなあと(・_・;)思ったんです。

例えば、新幹線が通過する駅のホームにいると、風圧がすごいですよね。

でも、くしゃみでは、(?_?)風圧はそれほど感じません。

時速300kmなら、口をおさえた手が、ふっとばされることがあるかもしれません。

でも(^_^;)現実には起きません。

主婦友達と、(*^_^*)笑ってしまいました。

歯科の看板に書かれていることは、それしか出来ないという意味ではない。

虫歯などの治療を希望して歯科医を探す際に、歯科医の前に掲げられた看板に書かれた内容で受付けてもらえる診察内容を(ーー;)判断されてしまうことがあるかもしれませんが、実はこの看板に書かれた内容しか、その歯科医が出来ないということでは(^_^;)決してないということは理解して良いと思います。

そもそも、歯科医を目指す場合には大学で、専門に勉強をしますが、小児歯科、矯正歯科なども含め(@_@;)幅広く勉強した上で全ての項目の国家試験に合格しなければなりません。
基本的にはどんな治療も出来るのと思って良いのです。
確かに得意な治療、得意ではない治療はあるのは(^_^;)当然ですが、出来ない治療は無いと思っても良いでしょう。

良く聞くのが、小児歯科でないと、ちいさな子供は治療してもらえないのか?、歯科の看板に小児歯科と書かれていないと小さな子供は治療してもらえないのか?
ということです。
その点に関しては、間違いなく決してそのようなことは無いということです。
小児歯科には確かに、小児歯科専門医という日本小児歯科学会が認定した制度はありますが、その認定を受けていなくても小さなお子様を治療することは全く問題ありません。

治療に於いて、小さなお子様が痛がったり嫌がったりすることで、機嫌を損ねる歯科医というのも居ますが、だからと言って、歯科医の看板に「小児歯科」をうたっていなくても、小さなお子様の治療をすることに通常は全く問題ありません。

「何を得意としているか」位に思ってもらって良いのです。

現在は、小学生以下・中学生以下は事実上医療費が無料であることから、語弊があるかもしれませんが、些細なことで医療機関を受診される親御さんが多いこともあり、それら患者様を取り込む為にも、小児歯科を全面に出すことも歯科医の看板の戦略である場合もあると思うことも出来ます。

しかし、歯科医の看板に「小児歯科」をうたっている以上、ちいさなお子様が(>_<)痛がったり、(+o+)嫌がったりすることに一々<(`^´)>機嫌が悪くなるような歯科医でしたら、今の時代口コミですぐに広まってしまうので、優しく接してくれる歯科医しか勤まらないことは(^_^;)間違いないことでしょう。