中古車購入で事故車を掴まされ無い為に

中古車を購入する際、気になるものの1つに修復歴があります。
もちろん無いに越したことは無いのですが、修復歴の度合いというのもかなり重要です。
いわゆる、一人相撲で駐車場の車庫入れに失敗してバンパーやドアがつぶれたとか、対向車を避けるために寄りすぎて電柱でドアを凹ましたなどのボディのパネルの修復に関してはもちろん経年による色焼け等に違いが出るので購入時はよくてもだんだん差が出たりしますが、車としては特に問題はありません。
しかし、衝突事故の事故車に関してはかなり気を付けなくてはいけないことがあります。

衝突事故というのは速度のある物体がぶつかる為に骨格に歪みが生じます。正面衝突にしろ、側面衝突にしろ、後方からの追突にしろ必ず歪みというものは出ます。

そして、この車のボディ(正確にはシャシーになりますが)の歪みというものは、どんなに修正をかけても、完全に元に戻るという事はありません。
もちろん、外見は完全に修復されて、普通に街乗りに使う程度の場合はそこまで支障が出ることはありませんし、乗ってて違和感を感じることも無いと思います。

でも、長距離を乗り続けたり、高速道路を走ったりするとそれまでまるで感じなかった違和感を覚えるようになります。
ボディ(シャシーやフレーム)の歪みというものは、走行の速度が上がればそれに比例して顕著に現れてきます。それまで普通に走行できていたものがハンドルを取られる、上下に微振動がくる、まっすぐ走っているのにだんだん左右に寄っていく等々。

もちろん、このような症状は車の足であるタイヤの不具合、ホイールの不具合でも起きます。
ただ、タイヤやホイールであれば、空気圧やウエイトによる調整、最悪タイヤやホイールの交換をすれば解消されます。
しかし、車自体の歪みによる不具合は交換のしようがありません。

そして、このような車に乗り続けるといずれ自分の体に負担がかかってくるようになります。
なので、中古車を購入する際には事故歴、修復歴が無いかを調べるのは大変重要です。
そして、現車を見極めることも重要ですが、素人では見極めはかなり難しいでしょう。
なので、中古車購入に際しては信頼できるお店を見つけるのがまず第一です。

事故車を事故歴、修復歴を隠して販売する業者も実際おります。
素人でも多少わかるポイントとしてはとにかくボンネット、トランク、ドア等、開け閉め出来る所は必ず開けてみる事です。開けたときに内部の色がボディの地色と違う場合は要注意です。
事故車はなるべく避けたいですよね。

簡単ですが、すこしでも気にして見ることで悪いものを掴まされる心配が減りますよ。
中古車購入を考えられている方は参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です