車が光沢を取り戻しました

最近、母と妹が乗る用の家の軽自動車を買いました。
中古車で10年落ちですが、乗ってみると中々軽快に走ってこれから活躍してくれそうです。

ただ1つだけ気になることがありました。
凹みなどは無いんですが、前の所有者があまり洗車やワックスをしなかったのか全体的にくすんでるように見えるんですね。
妹がオレンジの可愛い色が気に入って決めたそうです。
あまり需要が無さそうな色なので安かったのかもしれません。
母も「ボディがちょっと傷んでいるっぽいから少し安めにしているみたいよ」と言っていました。
妹も「もう少し光沢があれば可愛いのにね」と諦め顔。

でも光沢感が薄れているだけでこすり傷っぽい感じではありません。
何とかボディをうまく磨けば直るような気がしていました。
こういう時にはやっぱり専門家に聞くのが一番。
従兄弟が車の整備工場で働いているので、いつも車のことを聞いています。
今回も「ちょっと見に来てよ」と家まで来てもらいました。

「へぇ、中古車にしちゃなかなか良いね」
「なんかボディがくすんでるんだよね。何とかならんかね?」
「こういう時に磨くのはポリッシャーだね。中古車ならよく見せようとあらかじめ磨くとこもあるんだけどな」
どうやらポリッシャーという電動工具を買えばボディを薄く研磨できて光沢が出てくるようです。
「ポリッシャーって高いの?」
「家庭用なら安いのあるよ」
その日は時間が無かったので、次の週末にカー用品店で買ってそのまま磨いてみようということになりました。

従兄弟と一緒にカー用品店の電動工具売り場に行くと、いくつかのポリッシャーが置いてありました。
従兄弟が選んでくれたのは水平方向の他に上下方向にも動いてくれるタイプのものでした。
この方が素人には力の加減が付けやすいのでおすすめだそうです。
あとはバフと呼ばれるポリッシャーに付けるウレタン素材と濃色系ボディ用の研磨剤を買いました。

家に戻って、従兄弟がやり方を教えてくれました。
研磨剤を磨く範囲に適量塗って、ポリッシャーで最初は緩く押さえつけながら塗っていくそうです。
少し当てるだけでどんどん光沢が出てきてびっくり!
これは従兄弟だからか?と思いつつ、自分でもやってみるとそれほど力加減は関係なく均一に磨けています。
よくよく顔を近づけて見ると、少しポリッシャーの円状に細かい傷が見えますが、1mも離れると全く気になりません。
隙間の難しい部分は従兄弟にやってもらって全部で2時間ほどで終了しました。

終わって妹に見てもらうと「え~、めっちゃピカピカじゃん」とびっくりしていました。
全部従兄弟の手柄になっていましたが、まぁほぼそうなので今回は良しとします笑。

お礼は家で夕食と酒をご馳走しました。
今度は自分の車にもやってみるつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です