テレビで放送されている料理番組

テレビでみかんのケーキというのを作っている番組がありました。
オレンジではなくミカンなんだなぁと何気なくみていたら、皮もついてるまま焼く。ちょっと気になるケーキでした。ミカンはオレンジよりは安いし、より身近な感じがしますが、美味しそうなケーキになって作ってみようかなと思いました。

この間ケーキを焼いたばかりだったけど、また作りたくなってきます。
ハンドミキサーの使い方も説明していました。
最初は弱で簡単に混ぜて、なじんできたら強にしてしっかり混ぜる。
ただ、そのあと、仕上げとして強で混ぜたときにできた大きめの粗い泡をつぶすために、少し弱で混ぜていました。

私が作るとき、ハンドミキサーで最後にそんなことしていなかったなぁと気がつきました。
空気抜きも2、3回で良いと言っていました。
そのくらいの高さで、そのくらいやれば良かったのかと自分の時を思い出して比べられました。勉強になります。今までケーキを何度も作っていますが、本やアプリでみたレシピをみて作ったことしかありませんでした。

アプリなどでレシピをみて作るのは、気軽だしどこでもみられるし、本のようにばしょをとらないこともあって、とても便利だと思っていたのですが、こういった料理番組で作っていく映像をみていると、どのくらい固まってきてるかなどの状態がより分かるので助かります。
そのため、そこで入る解説なども分かりやすくなるわけで。
手際のよさやどんどん出来上がっていく様子もみていると楽しくなってきますし。

そういえば、子供の頃料理番組が結構好きだったなぁと思い出しました。
料理を作る人は手際が良いので、あそこまでサクサク綺麗に出来はしないけどこうすればこんなに簡単に作れちゃうんだ!というのが分かるのも面白かく感じていました。
作りながら、食材の栄養や料理の豆知識なども聞けたりするので今、毎日料理をしているのも、そこら辺から自然と学んでいた部分が結構あるように思えます。
子供番組でも、子供のための料理を楽しむ番組がありましたがそういうもので小さいうちから料理の楽しさを知ったり、料理に親しんでおくのって良いことだなと思いました。
料理番組は、子供にこそみせたい番組な気がします。

日帰り温泉の魅力について

温泉といえば豪華な日本旅館に日本庭園、そして何泊か宿泊してゆっくり過ごす、というイメージがありますが、最近は日帰り温泉というのが流行っています

日帰り温泉というのはその名の通り、宿泊しないで温泉を楽しむことを言います。午前中にホテルや旅館に入って温泉をたのしみます。日帰り温泉が人気の理由として、宿泊しないために人気温泉や高級旅館の温泉であっても格安で利用できます。しかもほとんどの場合、豪華な昼食がセットになっている場合が多く、温泉旅館を存分に楽しめます。

昼食の後はまた温泉を楽しんだり、部屋でゆっくり過ごし、夕方前にチェックアウトとなります。午前中にチェックインして夕方ころにチェックアウトするので、ホテルや旅館としても宿泊客がチェックインする前の空き時間を有効に使ってもらう事ができるし、そのため格安でサービスを提供することができます。この日帰り温泉を利用する客層も主婦や女性グループが多い傾向があります。主婦になると宿泊となると家を空けるためハードルが高いですが、半日空き時間を作ることなら可能です。そのため宿泊で温泉宿を利用することは難しくても、日帰り温泉なら温泉を十分満喫できるし、料理やゆったりした時間も楽しめます。こうした理由もあり、日帰り温泉は今では予約殺到の人気サービスです。私も今は子供が小さく温泉に行くこともできませんが、もう少し子供が成長して手がかからなくなったら、気の合う友人や母親と一緒に日帰り温泉を利用したいと思います。専業主婦の私でも利用するのにためらわない金額で日帰り温泉できるのなら、たまのご褒美としてゆったり過ごしてみたいし、女性にとっては何よりの気分転換、リフレッシュ方法だと思います。

実家の近くの水産加工場

私の実家は海沿いの田舎で、家は特に海岸線に面したところにあり、近くにたくさんの水産加工場がありました。

土地柄、海の幸が大量に獲れるため、それらを加工する施設が多いのは、雇用もあるわけだし、町の経済が潤っている証拠なのですが、私にとって子供の頃から許せないことが1つありました。

それが何かというと、加工場が出す臭いです。海産物を加工しているのですから、それなりの生臭さがあっても仕方がないこととは子供心でも理解していたのですが、それでも許せないところがありました。

それは、家から見えるほどの近距離の加工場の中に、排水の処理がなっていないところがあって、いつも車道に排水が流れ込んでいるということ。

学校から帰る途中、その道を通らねばならず、靴は汚したくないし、ズボンの裾に排水が飛び散るのも嫌で、ある程度大きくなってからは、遠回りをして帰ったりもしました。

その加工場は、私が実家を出たくらいの頃に、設備を大幅に改善したらしく、排水で道を汚すことは無くなったようですが、その前は本当にストレスでした。

特に夏場の臭いはひどくて、風向きが実家側に向いている時は、どれだけ暑くても窓を開けられないほど。北国ですから、エアコンなんてものはどの家にも無く、扇風機だけで凌ぐのですが、もともとの室温が高いために、熱中症になるかと思ったくらいです。

そんなストレスを感じながら夏を過ごしていたわけですが、どうして急にこの加工場の設備が整ったのかというと、うちの親を含む近隣住民の、自治体へのクレームが元だと聞いています。

猛暑の年に、窓を開けられずに体調を崩した老人がいて、救急搬送されるほどの事態になり、それがきっかけでクレームを出すことになったとか。小さな町でも、町民の力でなんとかなるものなのですね。

ともあれ、その加工場の排水の処理がどうにかなったのはありがたいことです。今では、真夏に帰省した時も、大変快適に過ごすことができています。

ホワイトニングをするなら歯科医がおすすめです

いま若い子たちに人気なのが歯のホワイトニングです。学校に通う学生から、働くOLまで男女を問わずホワイトニングを行っています。口元が人に与える印象というのはとても大きいものがあります。歯も同様で、歯並びや歯の形などでガラッと印象が変わります。その中でも歯の悩みで多いのが歯の着色についてなのです。歯の色がくすんでいるだけで、普段うまく笑えないという人もいるほど深刻な悩みなのです。

昔は芸能人が高額なお金をかけて行うのが一般的でしたが、最近では比較的低価格でホワイトニングの施術を受けることができるようになりました。

歯科医ではなくセルフホワイトニングといった形でホワイトニングをやっているところもありますが、ぜひともホワイトニングは歯科医で行うことをおすすめします。

歯科医でのホワイトニングのメリットとしてまず、専用の薬剤を使っているので、効果が高く、少ない回数で効果を実感することができます。セルフホワイトニングの場合、一回の価格が安く感じても、どうしても薬剤の効果が薄れてしまうため、複数回通っているうちに歯科医でのホワイトニングよりも金額が高くなってしまうリスクもあります。
その点歯科医でのホワイトニングは、少し価格が上がりますが、一回でも確実に歯が白くなったと実感できるでしょう。元々歯のエナメル質が強くて歯の色が黄色いという人でも、歯科医でのホワイトニングを受ければ、歯も白くすることができます。

また、もう一つのメリットとして、歯科医の場合、歯の定期的なお手入れも一緒に行ってくれることがあります。歯石の除去や歯の表面を綺麗にしてくれたりと、ホワイトニングがより効果的になるようなメンテナンスを行ってくれます。メンテナンスとセットになっているものも多いため、ホワイトニングを受けながらも歯のケアを受けることもできるのです。

ホワイトニングをやってみたいと思っている方はぜひ歯科医での施術を行いましょう。
まずはカウンセリングに行ってみるのも良いかもしれません。

彼氏に革ジャンをプレゼントします

近所にバイク好きの人がいてお話しているうちに免許を取りたくなりました。試験場で一発試験で取る場合と、教習所に通う場合があると聞きました。一発試験で落ちても一回の受験料が安いのでお勧めだとお聞きしました。一発試験に魅力を感じましたが、自信がなかったので教習所に通うことにしました。通った教習所で新しい友達ができたので良かったです。バイクはとても重たくて取り回しが大変でした。教官にコツを教えて頂き少しずつ慣れていきました。私は、運動神経がないので苦労しました。一番苦手だったのは一本橋です。教官と友達に励まして頂き免許を取ることができました。とても感謝しています。苦労しましたが良い思い出です。そんな私も免許を取ってから3年が経ちました。始めて乗ったバイクはホーネットと言うバイクです。販売店でネイキッドを勧められて購入しました。ホーネットは、乗りやすくて軽いので最高でした。

最近アメリカンに乗り換えました。アメリカンバイクは、ゆったりと乗れて気持ちが良いです。新しい革ジャンを購入しました。水に強い素材の革ジャンをネットで探していたらデザインが素敵な物が目に留まりました。。商品が届いて凄く気に入りました。フェイクファーにボリュームがあって満足しました。フェイクファーが顔に触れても痒くならないので嬉しいです。身長151センチ、体重40キロでSサイズを選びました。カラーは、ホワイトとブラックで迷ったのですがブラックにしました。実際の色がイメージ通りだったので安心しました。以前に購入した物は色が違っていてショックだったことがあります。ファスナーの動きが悪くてストレスを感じていました。今回購入した革ジャンはYKK社製のファスナーなので信頼できるメーカーは凄く良いです。ファスナーを降ろすと重ね着しているように見えて着こなしの幅が広がってお洒落が楽しいです。

ポケットが大きいので、アイフォンや財布の出し入れがしやすくて気に入りました。普段から小物をたくさん持つので凄く助かります。これまで着ていた革ジャンに比べると、とても水に強いです。雨の日に違いがはっきり分かりました。雨粒をしっかり弾くので嬉しいです。袖がキッチリ閉まってくれるので冷気が全然入ってきません。休日は、彼氏とバイクでツーリングに行くのですが、冷たい風が入ってこないので嬉しいです。

今回購入した革ジャンは、凄く良かったので同じ物を彼氏にプレゼントしようと考えています。彼氏は寒がりなので中にたくさん着れるように大きめのサイズを選ぼうと思います。彼氏に始めてプレゼントするので反応が楽しみです。

熱圧着の用途とその方法

熱圧着とは名前の通り、熱を使用してくっつける手法のことです。同じ素材や違う素材を融点まで熱して、ドロドロになる一歩手前まで溶かします。そして柔らかくなったくっつけたい素材同士を重ね合わせ、圧着します。これにより、溶けた成分が多少混ざり合いより強固に接着することができるのです。
原子レベルで見ていくと、物質は暖められると膨張しようとします。これは原子と原子の間に隙間が生じるためです。そしてその隙間に別の素材やくっつけたい素材をはめ込み冷やすことにより原子同士が絡まり合ってまた原子の隙間がぎゅっと狭まり摩擦力が増すのです。

溶接との違いは、物質を完全に溶かしてしまわないところです。溶接は完全に物質を溶かし切ってしまいそしてその物質を混ぜ合わせることにより、新たな金属を作り出して接着します。しかし、熱圧着は完全に物質を溶かさないのでその物質の性質を残したい時に使用されます。また、接着剤との違いは有機溶剤などを使用せず、熱だけですので有毒ガスや異物を表面につけずにすみます。繊細な部品などに熱圧着は使用されます。

また、熱圧着はゴムやプラスチックなどの溶けやすいものだけではなく、銅同士やニッケルなどの違う種類の金属同士も熱圧着でくっつけることが可能なのです。方法は同じで、金属を熱してより強固な力で圧着するだけです。金属を熱するのにより熱エネルギーが必要なのと、圧着する力が必要なところが違うぐらいです。

オフィス機器に関する営業事務あるある

建築会社で、営業事務を経験したことがあります。

営業の方は、外回りから帰って来ると、いつも突然、「この書類コピーしてね。5分後に出かけるから!」と、無理難題をおっしゃります。
その勢いに乗っている表情から、これは何とかしなくてはならないという使命に駆られます。「はい。かしこまりました。」と、にっこり余裕の表情でコピーを始めますが、そこへお得意先の、お話がとてもとても長い社長様から電話が入ったりします。
「ふざけんなよ!」などとは決して言いません。

以前、花屋に勤めていた時“生き物は愛情を込めて話しかけるとそれに応えてくれる”と教わったことを思い出し、毎朝パソコンに「おはよう!きょうもめっちゃ美人だね。」コピー機に「大好き。私にはあなたしかいない!」ポットに「よく頑張っているね!」と、生き物を大切に思う以上に精神誠意を込めてお話ししています。

“お願いです。オフィス機器様たちよ。あなたたちが大事な時に突然へそを曲げてしまうことが私には恐怖です。長い間、酷使されても文句も言わず働いてくださって、本当に有難うございます”

その会社のオフィス機器は、創業から推定すると10年以上働いていることになります。
入社当時は、営業の方の「早く!早く!」と指示があると、コピー機、パソコンの不具合が発生し、間に合わず怒られ、“私はオフィス機器に呪われているのかもしれない”と思ったことさえあります。

今日も薄暗くなって、オフィスを閉めるとき自然に、「パソコン、コピー機…。今日も一日お疲れ様でした。いつも有難うございます。」の言葉が出てくるようになりました。新人の営業事務員はオフィス機器のしもべです。

仕事はとても楽しく、自分で指示通りに完璧に出来た時は本当にうれしかったです。入社して1年たったころには、綺麗に揃った大量の資料を、自己満足に浸りうっとりと眺める余裕も出てきました。それも、良く働いてくれる機器があったからこそです。

転職して別の仕事に就いた時も、最初はなかなか言うことを聞いてくれないことがありましたが”声掛け”をすることによって、仕事がうまくいくようになりました。
オフィス機器は生き物だと感じています。
084171s

リサイクルトナーと新品の違いとは

トナーはレーザープリンターなどに使われていますが、新品を販売しているほか、リサイクルトナーも販売されています。実際のところ、リサイクルされたトナーと新品ではどんな違いがあるでしょうか。

新品は一から作られるものですが、リサイクルの場合には使用済みトナーを回収し、洗浄と注入と組み立てを行ってから販売します。したがって人によっては新品のトナーが良いという人もいますし、リサイクル品でも使えれば良いという人もいます。

新品とリサイクル品の最大の違いは価格面がもっとも顕著となります。リサイクルトナーは純正品に比べて半額以下で販売されているのが通常であり、コストを削減したいオフィスや自宅で人気があります。オフィスで一年間使い続けてみれば、数万円も違っていることも考えられます。
リサイクル品だからこそエコといわれるのは、トナーを新たに作るエネルギーが節約されるためです。環境に配慮をする会社では、新品よりもリサイクル品を選ぶ傾向にあります。

リサイクルされた製品は一段階性能が劣るといったイメージもありますが、洗浄と検査を経て組み立てられ販売されているものなので、決して性能的に劣るといったことはありません。多少の傷があるとしても、それは製品には影響がないでしょう。

リサイクルのトナーを使っていて、不具合が出たという報告も多々あることは事実です。トラブルのなかには、トナーに関係ないプリンターの汚れなどが原因であるのに、中古品のトナーのせいにしているといったケースもあります。このへんはリサイクル品の評価が一段階低いための、悲しい運命といったところでしょう。

私の会社では三重県津市のリサイクルトナー業者を長らく使っておりますが、品質も良く満足しています。

イグノーベル賞は、単純におもしろがりたい

20161206i
このところ、毎年、日本人科学者がノーベル賞を受賞しており、科学のことはまったくチンプンカンブの私も、同胞としてとても喜ばしく、誇りに思います。
どの人も、研究に着手し、めでたく成果が世界に認められるまでには、苦しいことがたくさんあったことでしょう。
最初は興味を示していた賛同者も、いつになったら目に見える成果があがるのかわからない状況になると、一人去り、二人去りで、自分ひとり孤独な戦いを続けなければならなかったろうと思うと、万感胸に迫ります。

一方、そんな厳粛なノーベル賞とは対照的に、「イグノーベル賞」という、ノーベル賞のパロディ版というか、科学者の人たちのウィットに富んだ、楽しい、しかし、知的なお祭り騒ぎのような、授賞式があります。

これに参加しようとする人たちの研究テーマは全く、あきれるほどに多種多様で、よくこんなテーマを研究対象にすることを思いついたな、と思うものばかりです。

しかも、つい最近、驚いたのは、日本人研究者が10年連続して、この賞を受賞しているということ。これはホントに以外でした。

日本人は、生真面目な点は評価できるものの、ユーモアのセンスもあまりなく、とてもこうしたパロディに参加できるようなタイプではないと、思いこんでいたので、受賞する姿をみたときは、目を丸くしてしまいました。

まあ、それでもやはり、外国の受賞者たちと比べると、プリゼンは緊張気味で、うまく笑いをどうかとれるか、心配げな雰囲気は隠せない感じでしたけどね。これはもう国民気質だから仕方ありませんね。

よくこんなこと、研究する気になったネ、と言いたいほど、珍妙な研究を行って、その成果を披露して楽しむことが目的の賞のはずですが、受賞者へのインタビューなどみると、たいてい、聞き手は、その結果が、将来どういう点で実用的なことに結びつけられるか、という点に話を向けようとするようです。

それはいささか、賞の主旨を台無しにするような発想だと思うのですが。

研究成果が、人類にとってどのような役に立つかは、ノーベル賞のほうに任せておけばいいことであって、イグノーベル賞は、ただひたすら、好奇心や科学への探求心を満足させるためのお祭りだと、捉えた方がたのしいと思いませんか。
「科学っておもしろい」子供たちが、そして子供だけでなく、老若男女を問わず、すべての人々が子供のように、目を輝かせて、自然や科学に関心を持ち、好奇心を満足させるきかっけになれば、それはすばらしいことと思います。

やっと見つけた赤ちゃんの理想の寝どころ

今日にいたるまでずっと探していた理想のアイテムがようやく手に入ってやっと一息つくことができました。
それは赤ちゃんを昼間寝かせておくためのクッションだったのですが、なかなか理想のボリュームや大きさ、質感が探し出すと見つけることができず途方に暮れていました。
そうこうしている間にもう出産予定日まで1カ月と迫っており気持ちばかりが焦っていました。
ネットで探そうとしてもやっぱり実際見てみないとどんなものかわからず、自分たちが使うものならいいけれど繊細な新生児のものとなるとこだわらざるを得ませんでした。

最初はベビーラックの購入を検討していたのですが、値段も高いし場所も取るので本当に必要なのか悩んでいたところ主人の職場の先輩パパがクッションの上に寝かせる方法を教えてくれました。
クッションに防水シートやバスタオルを巻くだけで赤ちゃんにとっては十分な寝どころになり、日中はそこに赤ちゃんを寝かせてお世話をしていればいいとのことでした。
ただしクッションがふかふかだと赤ちゃんが沈んでしまって息ができなくなってしまうので低反発のものでなくてはいけません。そして今日まさかの3COINSに理想のクッションを発見し、主人と一緒に大声をあげてしまいました。
とてもシンプルでけば立っていないところも理想的で、値段も一つ500円、大きさも普通のクッションよりやや大きめとドンピシャで念のため2枚購入して帰ってきました。
こんなに安く手に入れられるとは思っていなかったので二人とも大満足です。
あとはバスタオルと防水シートですが、この二つの目安はもうついているのでそれは早急に購入しすぐにでも準備を完成させたいと思います。

それにしてもあれだけ赤ちゃん専門店や家具専門店などいろんなお店を回ってきたのに、3COINSで手に入れることができるなんてこれからはまず何かを探しているときは3COINSから商品を探すようにしたいと思います。
浮いたお金の分はかわいいバスタオルでも買って赤ちゃんのために素敵な居場所を作ろうと思っています。
akachan_ninshin