リサイクルトナーと新品の違いとは

トナーはレーザープリンターなどに使われていますが、新品を販売しているほか、リサイクルトナーも販売されています。実際のところ、リサイクルされたトナーと新品ではどんな違いがあるでしょうか。

新品は一から作られるものですが、リサイクルの場合には使用済みトナーを回収し、洗浄と注入と組み立てを行ってから販売します。したがって人によっては新品のトナーが良いという人もいますし、リサイクル品でも使えれば良いという人もいます。

新品とリサイクル品の最大の違いは価格面がもっとも顕著となります。リサイクルトナーは純正品に比べて半額以下で販売されているのが通常であり、コストを削減したいオフィスや自宅で人気があります。オフィスで一年間使い続けてみれば、数万円も違っていることも考えられます。
リサイクル品だからこそエコといわれるのは、トナーを新たに作るエネルギーが節約されるためです。環境に配慮をする会社では、新品よりもリサイクル品を選ぶ傾向にあります。

リサイクルされた製品は一段階性能が劣るといったイメージもありますが、洗浄と検査を経て組み立てられ販売されているものなので、決して性能的に劣るといったことはありません。多少の傷があるとしても、それは製品には影響がないでしょう。

リサイクルのトナーを使っていて、不具合が出たという報告も多々あることは事実です。トラブルのなかには、トナーに関係ないプリンターの汚れなどが原因であるのに、中古品のトナーのせいにしているといったケースもあります。このへんはリサイクル品の評価が一段階低いための、悲しい運命といったところでしょう。

私の会社では三重県津市のリサイクルトナー業者を長らく使っておりますが、品質も良く満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です