退職する先生への感謝を込めたマカロンタワー

私は高校生の時に1度だけマカロンタワーを作ったことがあります。
それを作るきっかけとなったのは、高校の調理実習でお世話になった先生が退職するという話を聞き、お菓子を作ってお礼をしようと友達と話したからです。

私はマカロンを作ったことがなかったので、マカロンタワーは初の試みでした。
しかし一緒に作ることになった友達はお菓子作りが得意で、マカロンもよく作るとのことだったので教えてもらえることがとても楽しみでした。
作る日になり、調理台に材料を友達がひろげてくれました。
そこには沢山の着色料があり、私はお店でよくみる綺麗で可愛いマカロンタワーを想像しました。
自分であれが作れると思うと楽しみでした。
マカロンを実際に作ってみた感想としては、想像していたのより簡単に作れました。
20161206h

私たちは先生にお礼ということで、マカロンで先生の名前をローマ字で作り、マカロンタワーに添えました。
ローマ字に型どると思ったよりうまく焼けなくて、何回も何回も焼き直ししました。
マカロンの色はピンク、緑、水色、黄色、オレンジの5色にしました。
色合いも考えながらタワーにつんでいったのですが、マカロンの形は統一されている訳ではないので、途中で倒れてしまうこともあり、その度に心が折れました。
友達とどうしたらうまくいくのか相談し合いながらなんとか完成させることができました。
完成した時は達成感を味わうことが出来ました。
早速先生に持っていき食べてもらったら、びっくりした顔を見れたのも嬉しかったですが、美味しい、ありがとうって言ってもらえた時はつくってよかったなと思いました。
近頃は東京でもマカロンタワー教室が増えてきました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です