情熱大陸の呪いが再びアスリートを襲う

TBSのドキュメンタリー番組「情熱大陸」はアスリートや有名人、その道の先駆者など、あらゆる分野の人を密着取材する番組です。
自分は、この「情熱大陸」には呪いがあるのではないかと思っています。

以前、日本ダービー馬となった「キズナ」のスタッフ「チーム・キズナ」を特集、凱旋門賞挑戦を特集しました。
キズナはこの時、3歳ながら4着と検討したのですが、その後、脚を骨折、その心の傷が癒えぬまま引退を余儀なくされました。横綱・白鵬も密着後にけがをして横綱になってから初めて場所を休場、その後もけがと戦いながら横綱として土俵を務めています。
また、外国人騎手として初めて日本で騎乗し、その年に皐月賞、日本ダービーを制覇、翌年も有力馬に騎乗して桜花賞を制覇したミルコ・デムーロ騎手は、今年のダービーで有力馬に騎乗したのですが進路妨害で降着となりその後4日間の騎乗停止となりました。

また、桜花賞を制したジュエラーは2冠目のオークス前に脚部不安で戦線離脱、昨年のダービー馬ドゥラメンテについてもドバイで落鉄して2着、宝塚記念で2着でゴールするもレース後に故障を発生してそのまま引退と「情熱大陸」の密着中から後にかけて悪い事ばかり続いています。
フィギュアスケーターの羽生結弦選手も密着中にけがをして、しばらくスケートができない日々を送ることとなりました。
そして、今回のリオオリンピックでは、4連覇を目指した女子レスリングの吉田沙保里選手に密着していたらしいのです。
放送はこれからとのことですが、吉田選手にも「情熱大陸の呪い」にかかってしまったのではないと思わざるを得ません。

「情熱大陸」のスタッフには抗議したいくらいです。
もうアスリートに密着するのは止めて欲しい。しかもいつも大事な試合やレースを控えている時です。
アスリートの皆さんはなんでお断りしないのでしょう。
絶対にお断りするべきなんです。こんな邪魔な取材ないじゃないですか。
今後、東京五輪に向けて、メダル候補と言われる人の密着取材は慎んでいただきたい。

そして、アスリートの皆さんもこんな不吉な取材は絶対に断ってください。
特に、体操の白井君や水泳の萩野選手、卓球の伊藤美誠ちゃんなどなど、東京五輪でメダルが期待される選手に「情熱大陸」が近づかないようにできないものかと思います。
284033s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です