私が乗った歴代に車たちの特徴

最初に購入した車は、三菱のリベロGTという車でした。1800cc・200馬力・フルタイム四駆のスペックだったので、かなり燃費は悪かったです。高速で200kmぐらい走ると、ガソリンマークが点灯するぐらいです。燃費は悪かったですがターボ車でしたので、加速き関しては満足のいく車でした。信号待ちをしていて、信号が青になった瞬間にスタートダッシュをすると、大概の車よりも早くスタート出する事が出来ました。高速を走っていても、追い越しや合流もラクにする事が出来ます。今はもうリベロという車は無いですが、社会人になって初めての車としてはかなり満足しました。

リベロから乗り換えた車は日産のセレナでした。リベロからセレナに乗り換えようとした理由は、偶然日産グループの会社に転職し、日産車であれば車通勤を許される会社でしたので、セレナに乗り換える事になりました。リベロもまだ乗っていたかったですが、子供も産まれたばかりでワンボックスも良いかなと思うようになりました。セレナは評判通りの車で、室内が広くて荷物を量が多くて買い物をして乗り切らないという事がありませんでした。三列目のシートは左右に跳ね上げ式で、5人以上乗る時は三列シートを使う事で、使用用途に合わせられるのが魅力の1つでした。
セカンドシートのドアも両開き自動でしたので、運転席からドアの開閉ができ、とても使い勝手がいい車でした。

この車を7年乗った後、少し小さめのキューブに乗り換えました。キューブの魅力は、自分の部屋に入るような落ち着きが持てる空気感でした。
シートはソファみたいに座り心地が良く、シートに座ってみると分かりますが、ルーフが少し高く感じるので、車特有の圧迫感が感じませんでした。リアシートは少しだけですが、前後にスライドができるので、4人乗っても広く座る事が出来ました。ウィークポイントは、リアハッチドアが左右に開くため、雨の日に荷台に荷物を出し入れすると雨に濡れてしまうという事があります。日本初のリアドア左右開きがウリの1つでしたが、ウィークポイントにもなっていました。
今もそのキューブには乗っていますが、次に乗り換える車を考えるのが今後の楽しみです。
181304s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です