暮らしの中の絵画のリース

現在、暮らしを営んでいる私と家族の住まいは、賃貸マンションの一室です。

ただ、今後の人生すべてを現在の部屋で過ごす、というイメージは全くなく

それどころか、良い物件さえあれば他のマンションへの引っ越しを考えています。

もちろん、新築にせよ中古にせよ、マイホームを手に入れるという選択肢も含めて。

そのような状況なので、現在の部屋に対して、自分の納得のいくインテリアづくりを

していこう、という気持ちが起こらないのが悩みのひとつとしてあります。

いや、気持ちが起こらないというのではなく、引っ越しをなるべくラクに、

なるべく安く済ませたいから、インテリアにわざわざお金をかけてまで

引っ越しに負担のかかるような物を増やしたくない、というのが正直なところです。

ですので、インテリアに興味が無い、というわけではないんです。

楽しんで生きていきたい以上は、暮らしに重点を置くというのは重要なことだと

思いますし、インテリアは暮らしに直結する要素だと思いますので。

そういうわけで、我が家には装飾品のようなものは一切ありません。

嫌いだから無いのではなく、のちのち捨てたり引っ越しが大変になるぐらいなら

買わないようにしよう、という意味でです。

そうはいっても、やはり飾り気のない部屋はどこか寂しいもので、

楽しく時間を過ごす、という目的から外れてしまいます。

そんなときにネットで見つけたのが絵画のリースでした。

絵画を買うのではなく、リースして飾るものです

オフィスや店舗なんかでは、この絵画のリースがあることは知っていましたが、

個人的にも利用することができるところもあるようです。

もちろんリースなので、定期的な費用はかかりますが、メリットとしては、

定期的に絵画の内容が替えられること、そしてなにより引っ越しの際に

負担がかからないのです。

自分の住まいは、いやでも毎日暮らし、毎日目にする場所。

そんな場所だからこそ、絵画のリースは定期的な刺激を気楽に

手に入れられるひとつの方法なのかなと思いました。

次は、どんな絵画や価格があるのかをどんどん調べていこうと

小さな夢が広がっているところです。 

これから注目の暑さ対策とは遮熱塗料

暑いときに扇風機を1日中稼働させておくのも、エアコンをつけっぱなしにしておくのも、

エネルギー効率を考えたらあまり良いことではありませんよね。暑さで体調を崩してしまったら

元も子もないので使ってはいけないわけではありませんが、

かなりのエネルギーを消費してしまうことは避けられないです。

また、扇風機にしてもエアコンにしても人工の風が苦手であまり使いたくないという人は

それなりに多いですし、それ以外の暑さ対策をしていかなければならない状況になってきています。

そんなときは、遮熱塗料を有効活用するのが良いのかもしれませんね。

遮熱塗料ならば問題なく暑さを防げますから、エネルギー効率を考えたときにはとても効果的です。

さらに、扇風機やエアコンのように人口の風によって涼しくなるわけではありませんから、

その点についても心配する必要がまったくなくなりますね。

暑さをどのくらい和らげられるかは実際に遮熱塗料を塗ってみなければわかりませんが

それでもかなりの効果が期待できると少し前から評判になっています。

暑さの対策をするのには誰もが試行錯誤をして頭を悩ませるものですが、

それならばかなりデメリットが少ないので良い方法だと思います。

それさえあれば絶対暑く感じないというわけではもちろんないのでしょうが、

ある程度の効果は約束されていますのでその遮熱効果を期待して塗ってみのも

悪くはないと思います。ですので、これから注目の暑さ対策になっていくはずです。

家庭用のCD・DVD研磨機をゲットしました

私は大学生の頃、中古ゲームショップでアルバイトしていました

そこでは中古で買取ったゲームディスクに傷があった時に使用する研磨機が

置いてありました。傷のせいで読み込めなかったディスクも少し研磨してやると

問題なく使えるようになるのです。

もちろん、あまりに深い傷があったり、研磨を繰り返してディスクが

薄くなりすぎたりすると再生できません。

その研磨機は別にゲームディスク専用というわけではないので、

自宅からちょっと傷ついてしまったCDやDVDも持ちこんで

研磨させてもらいました。

それまでは傷ついて音が飛ぶようになってしまったCDは

もう廃棄するしかないと思っていたので、

こんなものがあるのかとちょっと感動しました。

尤も、お客さんから持ち込まれた時もサービスで研磨していましたので、

私が知らなかっただけでごく普通のことだったのかもしれませんけれど。

就職し、中古ゲームショップでのアルバイトは辞めました後も

何度かお世話になりました。私は毎日のようにゲームもしますし、

車に乗ればずっとCDを掛けているので消耗が激しいようです。

しかし、数年前、そのゲームショップはつぶれてしまいました。

チェーン店だったので他の地域にはまだありますが、

そこまで行くほどではありません。

他の中古ゲームショップに行けば同じようなサービスはあるのかもしれませんが、

20代後半にもなってゲームディスクの研磨をお願いにいくのも

何だか恥ずかしく躊躇してしまいます。CDなら恥ずかしくはありませんが

なんだか億劫で「あー、音が飛んだな」と思いながら聴いています。

そんなある日、ふっと思いつきました。

昔のバイト先にあった研磨機はそんなに大きくありませんでした。

5号炊きの炊飯器より1まわり小さいかなぐらいだったように思います。

そんな大きさであれば家庭用に購入することもできるのではないか

思いついたのです。そこで早速、

インターネットで検索すると16,000円ぐらいでありました。

もう少し安い方が嬉しいけれど値段も想定内です。即購入です。

これで読込みの悪いディスクにイライラしたり、

音が飛んだCDから解放されると思うと何だかニマニマしてしまいます。

ここのところは研磨機などの中古機械の買取業者も増え

中古品の流通も増えてきているようです。